人生を楽しく飛び回るための様々なTIPSを共有しています。

人生の旅に出よう round of life

文化と未来

今後大きく変わっていくこと。未来永劫変わらないこと。

投稿日:

近年は「コロナ期」「デジタル社会」「若者の時代」など、色んな時代を表すワードがありますよね。

特に、最近は誰もが「時代の変化」を感じずにはいられないかと思います。

身の回りにあるモノや会社での変化、人とのコミュニケーションの取り方にも昨年は大きな変化を強いられました。

そこで、今回は私たちの暮らしや仕事などで「今後大きく変わっていくこと」「未来永劫変わらないこと」といった内容で、人の生き方に関する変化を考察してみたいと思います。

「変化の時代」とはいえど、逆に「これからも変わらないもの」も多いかもしれませんしね。

今後、時代はどう変化する?自分にできることは?

VUCAの時代

「時代は急速に変化している」と言われていますが、その代表例が「VUCA」という言葉です。

  • Volatility(変動性)
  • Uncertainty(不確実性)
  • Complexity(複雑性)
  • Ambiguity(曖昧性)

すでに日本でも「VUCA」の時代に突入し、今後ますます時代は変化していくと考えて良いと思います。

「VUCA」時代を生き抜くには?

今後も変化の時代が続くことがわかっても、日々変化に怯えていては疲れてしまいます。この時代を私たちがどう生き抜くのか?と考えたとき、ある本では以下のように書かれていました。

  • 能力1:ラーニング・アジリティー
  • 能力2:経験の幅広さ
  • 能力3:客観的認識力
  • 能力4:抽象化の思考力
  • 能力5:リーダーになる意欲
  • 能力6:リーダーとしての性格特性
  • 能力7:自滅リスクを回避する力
    VUCA―変化の時代を生き抜く7つの条件 より一部抜粋)

「ラーニング・アジリティー」とは、経験から素早く学び、初めての環境下でその学びを応用して成功する力を指すそうです。

また、リーダーの立ち位置やあるべき姿も時代の変化とともに、今後も変わっていくのではないかとも予想できますね。

今後、変わること・変わらないこと

では、具体的に今後、変わることと変わらないことは何なのかをまとめてみました!

ここでは「仕事」「衣食住」「教育」に焦点を当てています。

仕事:

  • 変わること:働く環境・コミュニケーションツール
  • 変わらないもの:社員間コミュニケーションが必要なこと

こちらは、良くも悪くもコロナ禍で実感した方も多いはずです。

突然、会社で社員と顔を合わせることができなくなってしまう。新しいツールを使っての対応が必要になるなど、様々な変化がありました。

しかし「コミュニケーションを取らなくなる」ということはないはずです。

交流・連絡の仕方は今後も変わると予想されますが、いくらAIやロボットが進歩したとしても「人が誰ともコミュニケーションを取らない」ということはなさそうですね。

衣食住:

  • 変わること:モノの買い方・志向
  • 変わらないもの:安心・喜び・楽しみを見出すこと

インターネットが普及し、オンラインで商品を購入する人も増えてきましたよね。昔は、ネットに詳しい人や若者の利用者が多かったものの、今では誰でも簡単に利用できるオンラインショップも増えてきています。また、人の志向も「良いもの」から「便利なもの」へ。ただし、こちらはまた今後変化が起こるのかもしれません。

デジタル社会に疲れた人たちが、昔の日本を感じるようなところに住みたくなる。そんな状況も既に訪れている気がします。

一方で、衣食住に関する人の想いは変わらないと感じました。服を着て、誰かと食事をともにし、家族と安心して暮らす。便利な世の中になっても、「嬉しい」「楽しい」という気持ちはなくならないでしょう。

教育:

  • 変わること:教え方・学び方など、「教育の方法」
  • 変わらないもの:生徒と教師の信頼関係を構築すること

教育の分野も同様です。

「方法」は変われど、「人が関わる」というのは変わりません。

もちろん、オンライン授業やロボットによる授業等も今後増えていくのかもしれませんが、それを受け取るのも見守るのも人ですよね。特に小中学校など、まだ人格形成後間もない子どもたちを取り扱う職業は、教育に限らず残り続けるのではないかと感じています。

以上「変わること」と「変わらないこと」の考察でした!

ここまで書いてみて気付いたのですが「変わる・変わらない」と時代の変化を見逃さないことも、もちろん大切です。

しかし、自分自身が「どこを変化させるか。反対に変わらず持ち続けるものは何か」ということを常に考えておくことが、今後の変化の時代を生き抜くためには必要なのかもしれませんね。

-文化と未来

Copyright© 人生の旅に出よう round of life , 2022 AllRights Reserved.