人生を楽しく飛び回るための様々なTIPSを共有しています。

人生の旅に出よう round of life

コミュニケーション

人間関係のコツ ~お節介な上司と上手に働く3つの対策~

投稿日:

「アドバイスはありがたいんだけど、ちょっと面倒だな・・・」

良く言えば、面倒見がよく手厚くサポートしてくれる上司。

ただ、裏を返せばちょっとお節介だなと感じる人もいるのではないでしょうか。

今回はそんなお節介な上司と上手に働く方法をご紹介します。

「上司に言われたことは絶対」と思い、何でも言うことを聞くのではなく、上手にコミュニケーションを取りながら、相手を尊重する気持ちも忘れずにいたいものですね。

お節介な上司のあるある行動を紹介

【仕事編】部下のやること全てに口を出してくる

上司から資料作成を頼まれ、内容と期日を確認してから仕事に取りかかった私。

その資料は、以前別の部署で働いていたときにも作成したことがあり、私は自分の使っていた資料を元に上司から依頼された資料を作っていました。

すると、突然上司が私のパソコンを覗き込んで一言。

「あれ?その資料なら、私のやり方のほうが絶対早いから!」

午前中に頑張って半分仕上げた資料を取り上げられ、その後上司が横で付きっきりで資料を作成。

「忙しいから資料作成を私に頼んだんじゃないの?」

そう感じるほど上司の指導は長く続き、さらに結局1日がかりで資料が完成。

上司は自分の指導に大満足の表情でしたが、私は内心「自分でやった方が早かった・・・」と思いながらも言えずにいました。

【プライベート編】パートナーや休日の過ごし方にまでアドバイスしないで!

私が20代の頃、仕事中に50代男性の上司に呼び出されました。

半個室状態の会議室で、上司から「ちょっと確認したいことがあるんだけど」と一言。

何かミスでもしたかなと不安になりながらも話を聞いていると、突然「○○さん(私)ってさ、△△くんとお付き合いしているの?」と質問が。

さらに「この前、デスクで他部署の子たちと家で過ごすことが多いって話してたみたいだけど、たまには外で運動した方がいいよ」とアドバイスをしてきました。

「私が誰と付き合おうと、休日どんなふうに過ごそうと関係ないですよね!」
そう言えれば良かったのですが、あまりの衝撃で「わかりました」と言って即自分のデスクに戻りました。

お節介上司に有効な3つの対策

対策①:まずは受け流すのが一番!

毎回色んな助言をしてくる上司のアドバイスは、一旦受け流しましょう

私も色んな企業で働いてきましたが、正直どの会社にも1人や2人は同じようにお節介な上司がいました。

そして、そのほとんどが悪気なく「良かれと思って」伝えてきているのがほとんど。

しかも、自分がどんなアドバイスをしたのかさえ忘れてしまっていることも多いです。

なので言葉を重く受け止めすぎて「上司の言う通りにしなきゃ」「アドバイスに従わないと怒られるかな」と過剰に心配する必要はありません。

対策②:「今回は自分でやってみたい」とお願いしてみる

特に、仕事に関する内容であれば「自分にやらせて下さい」と伝えるのは効果的です。

本当に部下のことを想う上司であれば、部下の成長や自主性は嬉しいものですよね。また、このときに上司の「アドバイスしたい」という気持ちも尊重することが大切です。

間違っても、以下のような言い方をしてしまわないように注意しましょう。

  • 自分でできるのでアドバイスはいりません
  • 私の方が早く終わらせられます
  • その考えは古いと思います

もちろん、ズバッと思ったことを言えるのであればOKですが、この記事を読んでいる方はおそらく「お節介だと言えずに困っている人」がほとんどだと思います。

相手を尊重した言い方をいくつか覚えておくことで、自分の気持ちをうまく伝えられるようになるはずです。

対策③:あまりにもしつこい場合は第三者に相談を

プライベートに関することや、仕事の度に上司の思う通りにやらされるという場合は無理してじっと我慢をする必要はありません。

また、自分からどうしても伝えにくいような内容は第三者に解決してもらうことも大切です。

「上司だから仕方ないや」と諦めてしまわずに、きちんと対処しましょう。

中にはセクハラ・パワハラのような言動を気にせずしてくる上司もいます。

他にも同じように困っている社員がいるかもしれないので、周囲に確認してみるのも良いかもしれません。

まとめ

上司からのアドバイスはありがたいと思う一方で、全てを受け入れるのは大変です。

人には色んな仕事の仕方がありますし、自分で考えトライしたことからまた新しい発見があることも多いはず。

上司の部下に対する思いも大切にしながら、自分の成長のためにもアドバイスの受け取り方を工夫したいところですね。

-コミュニケーション

Copyright© 人生の旅に出よう round of life , 2022 AllRights Reserved.