人生を楽しく飛び回るための様々なTIPSを共有しています。

人生の旅に出よう round of life

コミュニケーション

人間関係のコツ ~どんなときでも仕切りたがる人~

投稿日:

「もう少し周りの意見も聞いてくれたらいいのに」
「どうして自分のやりたいようにしかできないのかなぁ」

あなたの周りにも、何かと仕切ってばかりで周りが見えなくなっている人はいませんか?

リーダーシップがあるのは良いことですが、「自分が仕切っていないと意味がない!」というような、あまりにも極端な人は対応に困ってしまいますよね。

そこで、今回はどんなときでも仕切りたがる人について考えてみたいと思います。

持ち前のリーダーシップを活かしてもらいつつ、その人の周囲が困らないような関わり方を目指したいですね。

自己中心的な「仕切りたがる」人たち

何かと仕切りたがる人は、自分の「仕切りたがるクセ」に気付いているのでしょうか。

【同僚】全く会議のまとめになっていないんだけど・・・

これは社内会議で実際に起きた出来事です。

私は教育関係の仕事で、チームでの会議に参加していました。テーマは授業の進め方について。

「生徒との双方向のやり取りを増やした方がいいよね」「グループ討論も取り入れてみようか」

会議は普段から一緒に働いている仲間だけだったので、特に進行役を決めずに進んでいきました。

ところが会議の終盤、「私がこれまでのまとめをしますね」と突然言い出した新しいスタッフが一言。

「この会議のまとめは要するに・・・教師が生徒を引っ張っていく感じですね!!」

突然まとめると言い出したスタッフ以外は、この一言に唖然としました。

「これまでの話聞いてた?」と聞きたくなるような自分の意見だけで作ったまとめの内容と、なぜ突然仕切り出したのかという疑問が残り、不思議な気持ちのまま全員が会議を終えたのです。

【プライベート】少しは他の人の意見を聞いて!

続いては、プライベートで起こった出来事です。

親戚の集まりで来ていた夫の両親や兄弟、その家族たち。「今度、一緒にご飯を食べに行こう」と声をかけられ、親戚のあるひとりからお誘いの連絡が私たちのところに来ました。

しかし、そのメールの内容は「明後日、みんなで13時からバーベキューをするので、あなたは野菜の買い出しをお願いします」

食事の内容から日時、買ってくるものまで全て指定。後日、他の親戚にも話を聞いたところ、それぞれの家庭に同じようなメールがいったとのことです。

みんな色んな予定や食べたいものだってあるのに・・・本人は主体的に動いたつもりかもしれませんが、メールを受け取った側は命令された気分になっただけで、あまり気持ちのいいものではありませんでした。

才能は活かしつつ、周囲や自分の気持ちも大切に

そんな仕切りたがり屋さんと関わるコツは、相手の才能を活かしつつ適度な距離感で関わることでしょう。

リーダーシップを活かせるチームに所属させる

あなたが困っている仕切りたがり屋さんが、もし部下であれば適切なチームに入れてあげることが大切です。

会議が長引くことが多いような決断力がないチームだと、仕切る人がいることでスムーズに進行を進めることができるかもしれません。

しかし、黙っていうことを聞くだけのメンバーだと、仕切る人の意見だけで話がまとまってしまう可能性もあるので、その点は注意が必要ですね。

一方、個人の力が強いチームは仕切る人が浮いてしまったり、トラブルになるケースもあります。適材適所で、それぞれの特徴を活かすチーム作りが必要ですね。

度を超える場合はアドバイスも必要

人それぞれの特徴や得意な面は活かしていきたいですが、度を超える仕切りにはケアが必要です。

あまりにも自分勝手に物事を進める人や、周囲の意見を全く聞かずに突っ走ってしまう人には適宜アドバイスをしましょう。

そのとき重要になってくるのが「相手のプライドを傷つけないこと」です。

仕切りがちな人の中には、「自分の意見は間違っていない」「私はみんなをまとめていく人間だ」と強く信じてしまっている人もいます。

そこで突然、誰かからアドバイスや忠告をされると「私が間違っているって言いたいんですか?」と逆ギレしてしまう人も。

そんな人には、まず褒めることが大切。

「いつもチームをまとめてくれるのは本当に助かっているよ。ただ、今回は新入社員の意見を積極的に取り入れたいから、あなたの能力を活かして他の人の意見をたくさん取り入れてくれないかな?」

このように「仕切るのはOK」「感謝している」といったメッセージも含んで伝えてあげると良いかもしれません。

ある程度距離を取ることも大切

もし相手が絶対に関わらなくてはいけない大切な人でなければ、少し距離を置くことも大切です。

というのも、無意識に仕切ってしまう人もいれば、中には仕切ることでしか自分を満足させることができない人もいるから。

そういった方の場合は、こちらのアドバイスも虚しく、かえって状況を悪化してしまう可能性もあります。

「あの人はそういう人なんだ」と、ある意味諦めることも大事。「仕切らないようにさせてやろう!」と無駄なエネルギーを使わず、放って置くのも一つの方法ですね。

-コミュニケーション

Copyright© 人生の旅に出よう round of life , 2022 AllRights Reserved.