人生を楽しく飛び回るための様々なTIPSを共有しています。

人生の旅に出よう round of life

コミュニケーション

人間関係のコツ ~消極的な人~

投稿日:

「会議でも発言せず黙って座っているだけの部下がいる」
「もっと積極的にリーダーとして活躍して欲しい」

一緒に働いている人の中に、仕事やコミュニケーションに消極的な人たちはいませんか?

以前ご紹介した「無口な社員」とは少し違った、消極的・口下手な人たち。

今回は「話はするけど遠慮がち」「話もせずオドオドしている」といった消極的な人について考えてみたいと思います。

あなたの周りにもいる?「消極的な」人たち

【部下】会議で意見を聞かれても答えられない…

これは私の会社員時代、朝一のミーティングでの出来事です。

メンバーは各自、自分の今日の業務予定と他のメンバーから自分の仕事に対して意見をもらうのが定例でした。

そこで、消極的なA君は「今日は、ええと…」と、毎朝自分の業務を伝えることすら緊張してうまく話せません。

また、A君の仕事に対して、上司やA君の同僚が意見すると「確かにその通りです。言われた通りに行います。」と一言。

最初は「周囲のアドバイスを取り入れて、柔軟な子だなぁ」と思っていたのですが、毎朝「言われた通りにします」が続くのを見て「自分のやり方や意思はないのかな?」と疑問に思ってしまいました。

【プライベート】自分の意見はないのかな?

続いては、ある友人のプライベートな場面でのお話です。

私の友人(以下、A子)は社交的で積極的。初めての人にもどんどん話しかけることも苦ではなく、みんなで何かするにしても積極的に意見を言うタイプです。

それに対して、A子の旦那さんは真逆の消極的なタイプ。A子はそんな夫に困っているそうです。

例えば、休日の予定を決めるとしましょう。A子は「海に行きたい。家を○時に出発して、△時には帰ってきたいな。途中で××にも寄りたいと思っているんだけど…あなたはどう??」

そんなA子に夫はただ一言。「うん、それで良いよ。」

もちろん、その一言にはA子の旦那さんの優しさやA子を尊重する思いがあるかもしれません。でも、積極的なA子からしてみれば「自分の意見はないの?」「一緒に出かけるのは楽しみじゃないのかな」と不安になるようでした。

「消極的」をネガティブに捉えすぎていない?

消極的になっている原因を探してみる

例えば、先ほどの部下の例ですと、消極的な理由には以下のようなことがあるかもしれません。

  • 慣れない仕事なので自分のやり方が見つかっていない
  • メンバーの中に苦手な人がいる
  • 大勢の前で話すことが苦手だ

単に「話すのが苦手なんだな」「意見がないんだな」と思わずに、消極的な人なりの考えを聞いてみましょう

もちろん、あなたに苦手意識をもっている相手なら、最初は話をするのも大変かもしれませんが徐々に心を開いてくれる可能性もあります。

無理せず、相手にも無理をさせず、コミュニケーションを取りたいですね。

平等にチャンスを与えるだけで良い

会議の場面になると「できるだけみんなの意見を取り入れたい」と考える上司に限って、消極的な部下に質問攻め・意見が出るまで待つ、といったことをしがちです。

消極的な人にとっては、それは余計にプレッシャーを感じてしまうかもしれません。

もちろん、皆の意見を取り入れることも大切ですが、上司ができることは「発言権を平等に与える」「いつでも意見しやすい環境を作る」ことが大切です。

無理に口を開かそうとするのは、逆効果になる恐れもあるので注意したいですね。

言えない?言わない?を見極める

私自身、一度失敗したのが「意見があるなら言おうよ!」「みんな自分の意見を持っている!」といった押しつけでした。

「積極的な人が正しく、消極的は改めなければならない」といった、過去の私のような考えはNGです。

というのも、色んな経験を経てわかったのは消極的な人の中にも意見を「言えない」「言わない」など様々な心情があるのです。

また、会社・チーム全体で考えたときにも意見を言う人だけでは困りますよね。皆の意見を聞いて、冷静な判断を下したり、みんなが気づいていない視点を提供してくれる存在も必要です。

実は一見消極的と感じている相手の中には、実はそんな才能を持っている人がいるかもしれないのです。

消極的な人と関わるときは、無理強いをせず相手を観察してみることもポイントになりそうですね。

-コミュニケーション

Copyright© 人生の旅に出よう round of life , 2022 AllRights Reserved.