人生を楽しく飛び回るための様々なTIPSを共有しています。

人生の旅に出よう round of life

文化と未来

withコロナ・afterコロナで「成長していく仕事」とは?

投稿日:

新型コロナウイルス感染が広がり「コロナ禍」という言葉が当たり前になっているいま、コロナ感染拡大が始まってから、まもなく1年が経過しようとしています。

私たちの暮らしは大きく変容を余儀なくされましたが、最も大きく変わったのが「働き方」ではないでしょうか。

時差出勤やリモート出社、すでにオンラインで仕事が完結するといった人も増えてきているかもしれません。

一方、観光地やお店に訪れてもらうことが前提だった観光・飲食業界など、危機的な状況が続いている仕事もあります。

そこで今回は、withコロナ及びafterコロナで成長していくのはどんな仕事かを考えてみたいと思います。

withコロナ及びafterコロナとは?

具体的な仕事に入っていく前に、まずはコロナにまつわる用語を知っておきましょう。というのも、「withコロナ」と「afterコロナ」の違いが私も最初イマイチよくわからなかったんですよね。

  • beforeコロナ:コロナ感染が始まる前のこと
  • withコロナ:コロナ感染が日常化した中での、コロナ感染が身近にある状態
  • afterコロナ:ワクチンなど対策が出来ているものの、コロナ感染はゼロではない状態

withコロナとafterコロナで同じ部分は「コロナと共にある状態」であり、異なる部分は「対策が出来ているかどうか」の違いです。現状、今の日本はクラスターの発生や医療崩壊の危険性があることから、withコロナと言えるでしょう。

今から転職を考えている方であれば、afterコロナでも今後成長が期待できる仕事に就きたいでしょうし、今お勤めの方であれば「自分の仕事は大丈夫?」と気になる方も多いかもしれません。

そこで、次の章では「どんな仕事が成長していくのか」「成長していくために必要な要素は何なのか」ということを深く掘り下げていきたいと思います!

withコロナ及びafterコロナに成長していく仕事

成長していくために必要な要素

成長していく仕事にはどんな要素が必要かを見ていきます。

  • 場所を選ばない(従業員・顧客含め)
  • 身体的健康に関わる仕事
  • 人との関わりが感じられる

まずは、場所を選ばない仕事ですね。特に、外出自粛が始まったとき一番最初に始まったのが「出社する社員を出来るだけ減らす」「リモートワークに切り替える」という対策でした。そのため、場所を選ぶ業種や会社でしかできない仕事はコロナ禍では相当苦労していたように感じます。

また、どんなサービスが必要とされてくるのか?という視点で考えたとき、残りの2つが特に重要視されるのではないかなと感じます。家にいることが多くなった2020年は「外で運動が出来ない分、どうやって運動をしよう?」と考えた人も多いでしょう。健康が気になり、食生活を改善して健康を維持したいと思う人も増えていそうです。

最後に「人との関わり」ですね。友人に直接会えなくなった、飲みにいく回数が減ったなど人との関わりに制限が多かったコロナ禍での生活。ある程度は仕方ないと思いつつも、やっぱり「誰かと話したい」という人の欲求は満たされていないのかもしれません。そんなときに「話せる相手」がいることはとても大切ですよね。

成長が期待できる職種の具体例

前述した「成長に必要な要素」が含まれている職種は、以下の通りです。

  • IT関係(WEB制作、デザイン、マーケティング)
  • 運動系インストラクター、栄養士など
  • コンサルティング・コーチング・カウンセリング業

特にIT関係の仕事は、withコロナの生活が始まる前にも副業として人気があった分野です。それが今回、実際に「場所に囚われない働き方」が必要に迫られたとき、よりニーズの高まった職種と言えそうですね。

また、スポーツジムやエステ等は店舗での営業に制限がありましたが、「ネットで動画配信」「オンラインでプロの栄養士が相談にのります」などオンラインでの活躍の場が広がった分野ではないかなと感じています。実際に、私自身も今までは見たことのないストレッチやダンス系の動画は、withコロナの生活になって初めて見るようになりました。

そして「人と話す」をキーワードにコンサルやコーチング業も需要が高まっています。特に、サービスの形態が「会話をする」ことフォーカスされているため対面ではなくても、オンラインでサービスを提供できるのも強みなのではないかなと思いました。

-文化と未来

Copyright© 人生の旅に出よう round of life , 2022 AllRights Reserved.