人生を楽しく飛び回るための様々なTIPSを共有しています。

人生の旅に出よう round of life

コミュニケーション

コミュニケーションスキルを身につけよう! 〜聴く力①〜

投稿日:

あなたは、自分のコミュニケーション能力に自信がありますか?

今回は、コミュニケーション能力を高めるためのコミュニケーションスキルをいくつかご紹介します!

コミュニケーションに関する資質やスキルは数多くありますが、中でも意外と難しい「聴くこと」に焦点を当てて書いていきたいと思います。

話し上手はいても、聞き上手は意外と少ないもの。ぜひこの記事で自分の聴く力をパワーアップしてみてくださいね。

コミュニケーションがうまくいかないシーンとは?

まずは、コミュニケーションを上手に取ることが難しいシーンを振り返ってみましょう。

シーン①:初対面の相手

初めて会う人と話すとき、皆さんは何を考えていますか?

「この人どんな人なんだろう?」「緊張してうまく話せないな」「変な人だと思われないようにしなきゃ」

相手の話を聞きながらも、色んな気持ちがありますよね。

シーン②:上下関係があるとき

上司と部下、先生と生徒、親と子など関係性に上下がある場合も、うまくコミュニケーションが取れないことも多いです。

特に、相手が目上の方だった場合は「失礼のないようにしなきゃ」と身構えてしまうこともありますよね。

また緊張が大きすぎるあまり、違うことを考えてしまって話が全く耳に入って来なかったということもあるはずです。

シーン③:外国人

自分と文化や価値観が違う人とのコミュニケーションも難しいですね。

言語の壁はもちろんのことですが、それ以外にも不安要素も多いでしょう。

特に日本人は自分の意見を言わないと思われることが多く、「もっと自己主張しなきゃ!」と焦る場面もあるかもしれません。

 

コミュ力アップには「聴く力」が大切!

コミュニケーションでは、実は上手に話すことよりも、上手に聞くことの方が難しいんですよね。

「聞くなんて誰でもできるのでは?」「普段から人の話は聞いているけど何か違いがあるの?」
そんな方は、ぜひ参考にされてみてくださいね!

傾聴力とは?

良好なコミュニケーションが得意な人は、話をただ聞いているだけではありません。

話を聞くことを表す言葉の一つに、「傾聴」という言葉があります。

傾聴:(耳を傾けて)熱心にきくこと

傾聴は、相手の話をただ聞いて流すのではなく、相手により興味を持って聞くことです。

たとえば、友人が旅行の話をしたとしましょう。

でも実はあなたは旅行に全く興味がありません。もし、自分がそのような立場だったら以下のような聞き方をしていないでしょうか?

友人「あのさ、来月海外旅行に行くんだけど、行き先はどこがいいと思う?色々行きたいところがあってまだ決まってないんだけど・・・」

あなたの回答例

  • 「ごめん、私全く旅行に興味ないんだ」
  • 「それよりさ〜、この後のランチどこに行く?」
  • 「そうなんだ〜!好きなところ行ってきなよ!」

上記のような聞き方では、残念ながらコミュニケーション能力の高い人の傾聴とは言えません。

相手の話を傾聴するためには、いくつかのスキルが必要になってきます。

オウム返し

オウム返しとは、「他人の言ったとおりに言い返すこと」です。

例)
友人「この前、駅前のレストラン人気のパスタ食べに行ったんだ!」
あなた「へぇ〜!駅前のレストランね!人気のパスタ食べたんだ。」

このように、相手の言葉を繰り返すことで相手は「聞いてくれている」と感じることができます。

また、人は意外と自分が話していることを全て理解していないもの。あなたが相手の言葉を繰り返すことで、相手はもう一度自分の発した言葉を客観的に聞くことができるので、会話をしながら気持ちや意見をまとめやすくなるといった効果もあります。

ミラーリング

続いては、ミラーリングです。

ミラーリング: 親密な間柄にある者の間で、仕草や動作が同調する現象

このミラーリングと呼ばれる現象を、意図的に自分で作り出す方法です。

たとえば、相手が飲み物を飲むタイミングで自分も一緒にグラスに口をつける。早口の相手には早口で答えるなどが挙げられますね。

これを繰り返すことによって、相手は自然と「私とこの人は似ている」「一緒にいて心地良い」と感じて、どんどん話をしてくれる可能性が高まります。

(相手に興味のある)相づち

最後は、相づちの方法ですね。

相手が話しているとき、相づちで注意したいのは以下の3つです。

  • 相づちで話を遮らない
  • バリエーションを持たせる
  • 回数は多すぎても少なすぎてもNG

「相づちが大切だ!」と思いすぎるあまり、回数が多くなってしまったりタイミングが早いと、相手は気持ちよく話すことができません。

また、極端に相づちが少なかったり、「うん、うん」と同じ相づちばかりを繰り返されると「この人、全然話を聞いてくれていないんだ」と思われてしまいます。

-コミュニケーション

Copyright© 人生の旅に出よう round of life , 2022 AllRights Reserved.