人生を楽しく飛び回るための様々なTIPSを共有しています。

人生の旅に出よう round of life

本の要約

【本の要約】嫌われる勇気

投稿日:

本の要約シリーズでは、私が実際に読んだ本の中から「これはためになった!」と感じた本を要約して紹介しています。

今回は『嫌われる勇気』をご紹介。

アドラー心理学を青年と哲人の会話形式で紹介していく本書は、2013年に発売したにも関わらず、今でも書店に並んでいる人気作品です。

誰だって、できることなら人に嫌われずに生きていきたいもの。しかし、この本を読んだ後には少し違った視点で自分の幸せや自由、対人関係などについて考えることができるかもしれません。

本を読む前にチェックすべきポイント

この本をおすすめしたい人

この本は、以下のような方にオススメです。

  • 過去の経験やトラウマから「自分にはやりたいことができない」と思っている
  • 人間関係に悩み、解決策が見つからず困っている方
  • 今の不安や悩みに対して精神状態が安定している

「○○だからできない」「〇〇さえなければ」
こんな気持ちを持たれている方は、本書には全く別の考え方が書かれているのでオススメです。

また、人間関係に悩む人も、悩みが小さく感じられるポイントが多く書かれているので読んで頂きたいですね。

ただし、最後のポイントは結構重要です。実際に、今現在、大きな課題を抱えて辛いと感じられている方にはあまりオススメできません。

というのも、読む側の立場によっては耳の痛い指摘や否定的な表現も多いからです。普段何も意識していない状態で読めば、「確かにそうかもしれない」と納得できるかもしれませんが、トラウマができたばかりの状態では解決とは反対に、さらに心に傷を負ってしまう可能性もあります。

「目的論」とは?

この本を読み進めるに当たって知っておくと良い「目的論」について簡単に補足します。

目的論とは、辞書を引いてみると以下のような記述がありました。

目的論:哲学で、すべての事象は何らかの目的によって規定され、その目的に向かって生成変化しているとする立場

アドラー心理学では、この目的論が示されており、これに反するのが「原因論」です。

例)幼少期、貧しい家庭で育った人について

  • 原因論:生まれた家庭が貧しかったから、彼は勉強ができない
  • 目的論:勉強ができないことを家庭が貧しかったせいにしているだけ!

2つを並べてみると、目的論は一見何とも冷たいように感じますが、言い換えると「家庭が貧しいことで100%勉強ができないというわけではない。貧しくても裕福でも、この先の未来は変えられる!」ということなんですよね。

本書では、この目的論について多くの事例とともに紹介されています。

本書を読んだ感想やその効果

本書を読み、私が実際にやってみたこと・感じたことをまとめています。

対人関係の悩みを一気に解消する方法

本書では、以下の流れでアドラー心理学が紹介されています。

  1. 第1夜 トラウマを否定せよ
  2. 第2夜 すべての悩みは対人関係
  3. 第3夜 他者の課題を切り捨てる
  4. 第4夜 世界の中心はどこにあるか

私が特に気に入っているのが、対人関係の悩みについてです。

仕事をしていても、休日どこかに出かけても、もしくはずっと家にいたとしても人は「自分以外の誰か」のことを考え、悩んでいる時間がありますよね。

私自身も、周りと不仲だったわけでもないのに小さなことで悩んだり、周りの目を気にしていることが多かったです。

しかし、この第2章を読んでから、今までの悩みがかなり小さくなりました。

あれこれ悩んでいたことの中には、無駄な悩みがあったり、自分で勝手に作り出した幻想があるのでは?と気づかされたからです。

本書を読んだ後の変化は?

『嫌われる勇気』を読み、この思考法を実践していくことで以下のような変化がありました。

  1. 過去の出来事や他人に責任転嫁しなくなった
  2. やりたいことに挑戦できた
  3. 人を心から応援できるようになった

本書を読んでから、今まで自分が気づかないうちに多くの無駄な思考をして行動を諦めてしまっていたな、と気付きました。

結論から言えば、勝手に「悲劇のヒロイン」になっていた感じです。

例えば、仕事でちょっと素っ気ない態度をされただけで
「私が仕事ができないから、嫌われているんだ」
「あの人はコミュニケーション能力が低いから、あんな態度しかできないんだ」
と思い込み、本当は私自身が相手とのコミュニケーションを取るのが面倒だったんだなと感じたり。

また、色んな人間関係の悩みが減ったことで頭の中がスッキリし、新しいことに挑戦する意欲が湧きました。

そして自分が色んなことに挑戦していると、自然と誰かを応援したくなるんですよね。

「あの人も頑張っている」「自分ももっと成長したいな」

今まで面倒だった人間関係が少しずつ変化し、応援し合えるような温かい人間関係が増えていきました。

まとめ

今回ご紹介した『嫌われる勇気』は、続編が出ています。

タイトルは『幸せになる勇気』。こちらが『嫌われる勇気』の完結編だそうです。

『嫌われる勇気』で新たな生き方を決意した青年が、3年ぶりに哲人のもとを訪れるストーリー。

こちらも内容が気になる作品ですね。

-本の要約

Copyright© 人生の旅に出よう round of life , 2022 AllRights Reserved.