人生を楽しく飛び回るための様々なTIPSを共有しています。

人生の旅に出よう round of life

本の要約

【本の要約】コンセプトライフ

更新日:

本の要約シリーズでは、私が実際に読んだ本の中から「これはためになった!」と感じた本を要約して紹介しています。

今回は、 柴田陽子さんの 『コンセプトライフをご紹介したいと思います!

本を読む前にチェックすべきポイント

この本をおすすめしたい人

この本は、以下のような方にオススメです。

  • 今の仕事を「楽しくないと感じている方
  • 発想力・突破力のヒントを知りたい方
  • 楽しく仕事をしている人の頭の中を覗きたい

本書は「楽しく仕事をしている女性」のストーリーがエッセイ調で書かれた本です。「コンセプト」と聞くと、マーケティングのスキルと感じられる方も多いかもしれませんが、特定のスキルや考え方を学ぶ内容ではありません。

あくまで柴田さんの人生や、仕事を通してこれまで感じてきたことを、ストーリーに沿って「感じる」といった方がしっくりくるかもしれません。

『コンセプトライフ』の概要とあらすじ

本書は、2009年5月に発売。もう10年以上前の本ですが、私にとっては時々見返しても楽しめる内容となっています。

著者の学生時代から独立までが描かれており、目次は、以下の通りです。

  1. Believe in Dreams
  2. My First Concept in America
  3. First Step
  4. First Project
  5. Starting at Zero Once More
  6. Going to the Next Stage
  7. Life is a Concept

目次だけでは、内容がよくわからないかと思いますので、次の章の感想も参考にされてみてくださいね!

また、柴田陽子さんの最近の著書が気になる!という方は、以下の本もオススメです。私はまだ読んでいないのですが、彼女の本の書き方はとても気に入っているので、興味のある方は一度読まれてみると良いかもしれません。

  • あなたの味方が増える 魔法のToDoリスト
  • 勝者の思考回路

本書を読んだ感想やその効果

「コンセプトライフ」からわかること

本書を読み、私が感じた感動ポイント・著者のすごさは以下の3つです。

  1. とことん仕事を楽しむ
  2. 自分ができることを見つける天才
  3. 勧められたことを受け入れる素直さ

とことん仕事を楽しむ

本書の紹介で「退屈な仕事をワクワクする仕事に変える物語」とあるように、仕事が楽しくなるようなエッセンスがたくさん盛り込まれている一冊です。

もちろん、柴田さん自身の天性の明るさや発想力があり「自分には真似できない」といったポイントもいくつかあるのですが、自分に取り入れられそうな考え方もあります。

お店のコンセプトやターゲット客、それを企業の戦略とだけ捉えるのではなく、妄想や想像を膨らまし、自分もそのストーリーに入って楽しんでいる感覚。感性が豊かな方であれば、柴田さんと同じように本書のストーリーを楽しめますし、少し理論的になりがちな方にとっては、新しい気付きが生まれる内容・構成になっていると感じました。

自分ができることを見つける天才

アメリカ留学のエピソードを読むと、普通の人なら一見落ち込んでしまう状況でも

「自分にできることは何か」
「自分の強みは何か」

と考え、行動する力がある女性だなと感じました。

そして、その考え方は「自分」だけに向いているものではないと、本書を通して理解できます。

本書内では、様々な登場人物や商品などが出てくるのですが、その度に「こんなところがすごい!」と感動ポイントがいくつも出てくるのです。

人や商品の良いところを見つける視点というのも、学べる要素の1つだと感じました。

勧められたことを受け入れる素直さ

出版だけではない。振り返ってみると、シカゴへの留学も、ネイルサロンやレストランの開発も、人からの助言によるものだった。「やってみなさい」と言われたことに、言われるがままチャレンジし、そこで結果を残すことで、次のさらに大きなチャンスにつながっていく—そんなサイクルが、柴田さんの人生の基盤となっていると言える。

「今もそう。『無理です』って何度も断っていた仕事もあるんですが、それでもやっぱり受けてしまうのは、自分よりすごい人が『やってみなさい』って言ってくれているのに、断る権利はないな、ということになるんですよね」
ほんよま より一部抜粋)

本書の書き方やこれまでの経験を見てもわかるのですが、誰かの助言や勧めをとても素直に受け入れられている方だな、と感じました。

しかも、その理由が本当にその通りだなと思わされます。

自分のこれまでを振り返ってみても、色んなチャンスやきっかけを逃してしまっていたのではないかと考えさせられました。

そして、それぞれの場所で結果を残せるすごさにも感動します。

-本の要約

Copyright© 人生の旅に出よう round of life , 2022 AllRights Reserved.