人生を楽しく飛び回るための様々なTIPSを共有しています。

人生の旅に出よう round of life

コミュニケーション

「1on1ミーティング」のキホンを学ぼう!

投稿日:

「最近、うちの会社で1on1が始まったんだけど」
会社員である私の友人が、先日そんなことを話していました。

1on1ミーティングとは、上司と部下が1対1で話し合いの場を設けることを指します。

有名企業であるヤフーでは、2012年に社長交代による新体制発足と同時に「1on1ミーティング」が始まりました。

そんな1on1ですが、実際に様々な企業で導入されてはいるものの「どうやれば良いかわからない」「普段の評価面談と何が違うの?」と疑問を持ちながら実施している上司も多いんだそう。

この記事では「1on1」を初めて知った人にもわかるように、概要やその効果について事例を交えてお伝えしていきます。

「1on1」とは?

そもそも「1on1とはどんなものなのか?」ということをまとめてみました。

1on1の対象

基本的に上司と部下で行います。人数は「1on1」の名称通り、1対1です。

1on1の所要時間

導入方法により様々ですが、ヤフーでは「毎週1回、原則30分を部下とのコミュニケーションに充てる」とされています。また、1度で終了ではなく、定期的・継続的に行われることで効果を発揮します。

1on1で話す内容

「何を話すか」は、明確な決まりはありません。また、上司が部下を評価・アドバイスする時間でもありません。これが評価や昇給に関わる面談との大きな違いです。

1on1で話す内容は、上司と部下の関係性や求める結果、回数によっても都度変化していきます。一見、無駄話にも感じるようなお互いの趣味や最近あった嬉しかったことの共有もテーマの一つ。このようなテーマであっても、上司と部下が良好なコミュニケーションを取るきっかけになるのであれば、1on1の時間で扱うべきテーマとなります。

1on1の効果とトーク例

やり方やテーマの自由度が高い1on1ですが、逆を言えば「雑談と何が違うの?」「そもそも何の目的があって上司(部下)と話す時間を増やさなくてはいけないの?」といった疑問を持つ方もいますよね。

ここからは、1on1には一体どんな効果があるのか、実際の会話の様子などをご紹介します!

1on1の効果とは?

1on1には、以下のような効果があります。

  • 部下の成長促進
  • コミュニケーション不足の解消
  • 目標達成に向けた行動促進

普段、仕事中に部下一人ひとりと向き合って話を聞く時間は少ないですよね。部下が上司と話す時間が増えるだけで、上記のような効果を期待することができます。

1on1トーク例

成長促進トーク

上司「先日の仕事は、すぐに対応してくれてありがとう。何か次にチャレンジしてみたい仕事はある?

部下「特にありません。今のままで大丈夫です。」

上司「今のままかぁ。もちろん、無理に新しいことを進めろとは言わないけれど、もし何かやりたいことがあればいつでも教えて欲しいな。」

部下「そういえば、入社したときにはもっと海外に向けた商品を開発したいと思っていたんですよね。でも、時間がなくて…。」

上司「そうか。時間があれば、やってみたいのかな?

部下「そうですね。今の仕事も楽しいですが、もう少し海外製品開発の時間が取れそうなら挑戦したいです。」

初めは「今のままで良い」と言っていた部下。きっと忙しい日々の中であれば、この会話で終わっていたことでしょう。

しかし、1on1で深く会話をすることで、部下が時間がないと感じていることやチャレンジしたいことに気づくことができました。

関係性向上トーク

部下「本日はわざわざ時間を作って頂きありがとうございます。」

上司「そんなに固くならなくて良いよ。1on1は評価や説教とは違うから(笑)。何か話したいことはあるかな?」

部下「そうですね…すぐには思いつかないのですが。」

上司「仕事中はほとんど業務の話ばかりだからね。そういえば、この前引越ししたって聞いたけど新居はどう?」

部下「まだ荷物を整理しきれてないので、家中ぐちゃぐちゃですが…ゆっくりできる庭が気に入っています。」

上司「それは良かった。最近は残業続きで、片付ける暇もなかったかもしれないね。業務の負担は感じていない?

部下「やりがいもありますし、今はたくさん仕事をして早く業務を覚えたいので大丈夫です。ただ、帰りが遅くなると家族は少し心配していました。」

一見、ただの世間話にも見えますが、部下の回答からわかることがたくさんあります。

  • まだ上司との距離感がある
  • プライベートの時間が取れていない
  • でも、仕事をしたいという気持ちがある

もちろん、一度の1on1ミーティングで部下の気持ちが100%わかることはないですが、継続的に関わりを続けることで部下の考え方の傾向がわかってくるでしょう。また、仕事以外の話をする機会が増えることで、上司と部下の関係を越えてより強い信頼関係が構築できる可能性もあります。

まとめ:トーク事例はあくまで「参考」に!

今回、簡単な2つの事例を紹介しましたが、こちらはあくまで一例に過ぎません。

実際に何名かの部下と1on1をしてみると感じるかと思いますが「わかっていても自然に評価する言動が増えてしまった」「部下から何も聞くことができず会話にならない」など、課題や疑問を持つこともあるんですよね。

ぜひ皆さんなりの一人ひとりの部下に合わせた1on1を実現し、部下との関係がより良いものになることを願っています。

-コミュニケーション

Copyright© 人生の旅に出よう round of life , 2022 AllRights Reserved.